うちの子供がアレルギーになりまして

小児アレルギー、低身長、おねしょ、育児の悩みブログ

乳アレルギー 負荷試験その2

前回記事「乳アレルギー 負荷試験」の続きです。


うちの子は小学3年生の終わりに負荷を始めたのですが、大きくなってから負荷を始めるのは稀だと先生に言われました。
多くの子供はもっと小さい時にやるそうです。


現在は小学4年生の後半に入っています。
負荷試験を始めてから半年が過ぎたところですね。


負荷は順調に進んでいます。
最初は「2ml」「4mL」「6mL」と1週間毎に増えていき、「10mL」になったところで今度は「5ml」ずつ増やすように言われました。
ただ「5mL」増やすことになってからは同じ量を2週間続けます。
「15mL」を2週間やって大丈夫なら「5mL」増やして「20mL」を2週間という感じです。
「25mL」の時に、体調が悪かったせいもあって負荷15分後にアナフィラキシーを起こしたことがありました。
その時は「20mL」に戻して負荷を継続しています。


朝ご飯前に「35mL」を負荷した後、通学中にアナフィラキシーを起こしたことがありました。
走ってしまったことによる運動誘発のものです。
小学校から連絡があり、すぐに迎えに行った時には症状は落ち着いていましたが、顔の腫れが引かなかったので学校を1日休ませました。
それ以降、朝ではなく夕方に負荷をすることにしました。


現在は「50mL」の負荷中です。
前回の受診でクラス4からクラス3に下がったという嬉しいニュースがありました。
先生から「このまま下がっていくでしょう。」と言われ、とても喜んでいます。
これからは親の判断で「10mL」ずつ増やしてもいいとのことです。


生後7ヶ月に乳アレルギーを発症してから10年経ちます。
やっと兆しが見えてきました。