うちの子供がアレルギーになりまして

小児アレルギー、低身長、おねしょ、育児の悩みブログ

子供の指しゃぶりについて

3歳0ヶ月の女の子。


寝る時に右手の人差指をしゃぶるクセがあります。


先日、3歳児検診で先生に「もしかしてまだ指しゃぶりしてる?」と指摘されました。


うちの子は上の歯が出ていました。
もともと出っ歯なのかな?と思っていましたが、指しゃぶりが原因だったようです。
指をしゃぶっていると、その力でやわらかい子供の骨格は変形してしまうんですって。


そのうち歯科矯正してあげようとは思っていましたが、指しゃぶりが原因であるなら、まずそのクセを直してあげたほうが良いのかなと思いました。


その先生からは「3歳以降、指しゃぶりを続けていると、骨格が出来上がってしまい、もとに戻らなくなってしまう」とのこと。


言い換えれば、今、指しゃぶりをやめれば元に戻る可能性があるということです。




そもそも、子供はなぜ指しゃぶりをするのでしょうか。
3歳までの指しゃぶりは、それなりに理由があって無理にやめさせないほうが良いとされています。


3歳以降の指しゃぶりは、今までのクセで残っている場合が多いようです。


いろいろ考えた結果、3歳の誕生日を期に、指しゃぶりを卒業できるよう仕向けることにしました。




まずやったことは、子供に説明すること。
何で指しゃぶりをやめなきゃいけないのか、指しゃぶりを続けているとどうなるのかを説明しました。
「指しゃぶりをしていると、歯が出てきちゃうの」「指にタコができて治らなくなるよ」
「だから、やめられるようにがんばってみようか。」と繰り返し言いました。


次に、寝る前に指しゃぶりをしている指にキャラクターの絆創膏を貼ることにしました。
「指しゃぶりしないためのおまじないだよ」




それでも指しゃぶりをしてしまいます。
無意識でやってしまっているようです。


ただ、3歳の彼女なりに指しゃぶりをしないよう頑張っています。
そういう頑張っている姿を見かけた時は、沢山褒めてあげるようにしました。