うちの子供がアレルギーになりまして

小児アレルギー、低身長、おねしょ、育児の悩みブログ

身長が小さい 生後10ヵ月の女の子

「身長が小さい 8ヵ月女の子」
「身長が小さい 8ヵ月女の子 続報」
「身長が小さい 生後9ヵ月の女の子」
の続きです。


今のところ、甲状腺機能低下症(クレチン症)の疑いということになっています。


甲状腺から出るホルモンは、FT4、FT3、TSHの3種類。
うちの子は、FT4のみが低いという採血の結果でした。


FT4が低いと、脳下垂体から甲状腺刺激ホルモンが分泌されてTSHが上昇するそうなのですが、TSHは正常値。


顔つきからターナー症候群の可能性は低いのではという回答をもらいました。
3歳くらいになると、はっきりとした特徴が出てくるようですが、うちの子は3歳のお姉ちゃんにそっくりの顔なので、心配ないでしょうと言われました。


ホルモン治療をした方が良いというお話と、CTだけでなくMRIの検査もした方が良いとのことから、大学病院を紹介されました。
ちなみにこの先生は小児代謝消化器科の先生でした。


ハラハラしながら大学病院に行ってきました。
診察してくださったのは小児内分泌科の先生です。


まず、脳の発達は問題なく、9ヵ月になって身長が約1.5cm伸びているので、経過観察で問題ないのではないかとの診察内容でした。


うちの子の場合、身長が伸びるスイッチが遅かっただけの可能性が高いと言われました。


2ヵ月間身長が伸びないのは異常だと最初言われたのですが、そうでもないようです。
最終的な身長は低くなってしまうのかもしれませんが、それは個性なので。


異常ではない可能性が高いと言われ、ちょっと一安心です。


1ヵ月後にもう一度採血をして、ソマトメジンCの値を見てみますとのことでした。
そこで、ソマトメジンCの値が低いようなら、1歳からホルモン治療を行いましょうとのことでした。
このホルモン治療は、1歳からでも全然遅くないようです。


治療は早い方が良いと言われていたので、そのことも一安心でした。


採血でソマトメジンCの値が出るまで2週間かかるそうです。
1ヵ月後にもう一度採血するために受診して、その2週間後に結果を聞いてきます。