うちの子供がアレルギーになりまして

小児アレルギー、低身長、おねしょ、育児の悩みブログ

子供に与える牛乳の間違った知識

たいていの人は、牛乳=子供の成長に良い といった固定観念を持っています。
牛乳=カルシウムが多い などというものもあるでしょう。


確かに牛乳は栄養価が高く、子供の成長を促しますが、あげるタイミングや量が重要です。


「うちではお水やジュースの代わりに牛乳をあげています」という方もいると思います。


子供は大人よりも運動量が多く、たくさん汗をかくのでこまめな水分補給は重要です。
その水分補給のたびに栄養価の高い牛乳をあげていたら、間違いなく肥満になります。


また、子供は牛乳を飲むことで満腹感が満たされ、決められた食事の時間にしっかりと食べることができず、偏った栄養摂取が慢性化するという事態も生じてしまいます。


子供の水分補給には、水やお茶が一番いいです。
牛乳を必要以上にあげることはありません。


また、牛乳にはカルシウムが想像よりも入っていません。
カルシウムを取らせたいのなら、小魚を与えるのが一番です。


「うちの子はなんで夜ゴハンをあまり食べないんだろう?」と悩んでいるいる方もたくさんいるはずです。
牛乳を食事前2時間以内に与えていませんか?


それを改善するだけで、解決するかもしれません。