うちの子供がアレルギーになりまして

小児アレルギー、低身長、おねしょ、育児の悩みブログ

逆子による帝王切開について

今9ヶ月の我が子は、胎児期のほとんどのを逆子で過ごしました。
何をやっても全く体勢を変えず、結局帝王切開になってしまいました。


第一子が帝王切開になってしまったため、今後の出産はすべて帝王切開になってしまいます。(通常分娩すると子宮破裂の恐れがあるため)
しかも、次の出産までは約1年以上の期間を空けなければなりません。
さらに、帝王切開での出産は3人までと決まっているそうです。


良かったこと
①高額医療請求が出来る:出産育児一時金でもらえる35万円以上かかった部分が8万円を超える場合、高額医療請求が出来るのでお金が戻ってきます。
②医療保険が使える:任意の医療保険に入っている場合、帝王切開は手術になるので、手術費と入院費を保険請求できます。
③出産の日程をある程度決められる:出産する病院の手術日や担当医師の日程などにもよりますが、臨月の約2週間前に出産となりますので(子宮口が開いてしまうと危険)、生まれる日をある程度予定できます。


悪かったこと
①傷が痛い(個人差あり)
②傷が残る:下腹部(膀胱がある部分)に10〜15cmほどの傷が残ります。
③赤ちゃんは小さめ:通常は臨月までおなかの中で過ごしますが、2週間早く生まれるので、周りの赤ちゃんより少し小さめで生まれます。
④生まれてすぐ抱っこできない:帝王切開で生まれた赤ちゃんは、通常24時間保育器に入れられるので、誰も抱っこすることは出来ません。
⑤入院期間が長い:病院にもよりますが、通常より3〜5日入院期間が長くなります。


いろいろ大変なこともありましたが、無事生まれてくれて良かったです。
子供の体は今でも平均より小さめですが、元気にすくすく育っています。